ライフプラン

- Advertisement -
iDeCo

楽天ポイントで購入できるVTI『楽天・全米株式インデックス・ファンド』を積み立てていきます。

僕はこのブログのほかにもブログがあり、毎月4000~6000ポイント程度の楽天ポイントをアフィリエイト報酬として受け取っているのですが、あまり楽天市場を使わないしどうやって使おうか迷っていました。 最近、トレードで失敗してしまったこと...
iDeCo

【いつから始める?】iDeCoの目的と統計からみる日本の不都合な真実

老後の年金受給年齢までに必要な金額が2173万円だって知ってましたか? 早く始めた方が良いことってたくさんあります。 貯金にしろ、投資にしろ「時間」が味方に付くのであればいのいちばんにやるべき。そうは思いませんか? とはい...
iDeCo

【超まとめ】iDeCoの始め方を会社員、自営業向けに解説|サラリーマンやOLでも簡単にはじめられます。

さて、そろそろiDeCoを始めよう で、なにからはじめたらいいんだ? という方のために、要点を整理しながらわかりやすくまとめたいと思います。 ちなみに、iDeCoそのものをよくわかっていない...
iDeCo

「iDeCo」途中解約ができない理由と解決策|一時金と3つの特例を紹介

iDeCoをやってみたいけれど、今ひとつ仕組みを理解しきれない そう思うのはiDeCoが複雑にできているからに他なりません。 今回の記事では、個人型確定拠出年金である「iDeCo」が解約できない理...
iDeCo

【無料を利用】iDeCoの資料請求を7社からしてわかったことをまとめる

iDeCo口座の開設はひとりにつきひとつ、これは所得税、住民税の控除が関係しているためです。 税金の優遇を行うために、毎月の掛け金と金融機関を定めるため厳重に管理されているということですね。 ただ、それはあくまでも「口座開設」の...
iDeCo

楽天証券でiDeCoの資料請求|個人型確定拠出年金がよくわかる冊子付でした

ideco資料請求シリーズはおそらく最後になるかな。 これまで、競合のSBI証券や、大手野村證券、あるいはゆうちょ銀行や、りそな銀行など日本を代表する金融機関でiDeCoの資料を請求してきました。 最後は楽天証券でiDeCoの資...
iDeCo

野村証券でiDeCoの資料請求を行う。|実績や投資商品を知りたいなら資料請求からその内容を紹介

金融商品の詳細を知りたいと思っても、ウェブサイトをじっくり見る良りは冊子にまとまっていた方がじっくりと読めますよね。 野村証券のiDeCoの資料はまさにそんな悩みを持つ人のためのiDeCo資料だったため、概要を紹介したいと思います。 ...
iDeCo

りそな銀行でiDeCoの資料請求!|確定申告のやり方まで記載された資料がめちゃくちゃ丁寧だった話

iDeCo資料請求シリーズもそろそろ飽きてきたのですが、手数料が比較的安いりそな銀行の宣伝を見かける人も多いのではないでしょうか? ネット証券に比べると高いのですが、それでも今回りそな銀行でiDeCoの資料請求をしてみて「めちゃくちゃ...
iDeCo

【業界最速】マネックス証券でiDeCoの資料請求!必要書類のみで最速の2日

個人型確定拠出年金のiDeCoの口座を開設するときは必ず資料請求からになります。 金融機関にによっては「資料請求と口座開設」と記載していますが、 iDeCo口座開設のステップは ウェブサイトで加入申し込み、個人情報の入...
iDeCo

【低コストで安心】松井証券で個人型確定拠出年金のiDeCoを資料請求してみたので紹介

僕のイメージでは、松井証券=一日信用の制度を使うと国内の株式のトレードの手数料が0円といったイメージ。 これは株のトレードを行うデイトレーダーが主に使う制度なのですが、松井証券と言ったら「手数料が安い!」が一般的に投資をしている人の印...
- Advertisement -