投資

【楽天証券】楽天カード払いで投資信託を積立設定すると楽天スーパーポイント付与の対象に

楽天カードといえば、会員数1500万人を超えるクレジットカードです。楽天のサービスは楽天市場からはじまり、今や多義にわたります。そんななか楽天証券は2018年10月27日より、楽天カードを利用した投資信託の積み立てで楽天ポイントがたまるサービスをスタートします。

投資信託積立で楽天カード決済

投資信託の積み立てで楽天カードのポイントが貯まるサービスを紹介します。

サービス概要

  • 楽天証券の投信積立において、楽天カードの『クレジット払い』が対象に
  • 毎月の購入金額に応じて、1%分の楽天スーパーポイントを還元
  • 月額5万円までを上限として楽天カードで積み立てができる
  • 2018年10月27日設定分から

これまでの『楽天カードから積立サービス』との違い

実は、『楽天カードから積立』は2014年からサービスとして利用することができましたが、これは『楽天カード(クレジット)を通じて、銀⾏⼝座から積⽴代⾦を引落として買付代⾦に充てるサービスです。ということで通常のカー ド利⽤とは異なりポイントの付与はありませんでした。

楽天カードの強みは、クレジットカードを利用すると1%が楽天ポイントとして還元され、楽天で展開されるサービスに利用できることでした。

ところが、以前までの『楽天カードから積立』ではポイントが付かず全く旨味がない状態。

新しいサービスは『積立投信を楽天カード決済すると楽天スーパーポイントが付与される』

まさに、そのままなのですが、2018年の10月27日設定分よりお持ちの楽天証券口座で楽天カードによる積立投信の購入を行うことで、投資信託の購入に支払った金額分の1%が楽天スーパーポイントに還元されるということ。

楽天カード決済が行える積立投信の数は2500以上

さて、この楽天カード決済が行える投資信託は、楽天証券が取り扱う全て、約2500種類の投資信託に該当します。

対象口座

  • 一般口座
  • 特定口座
  • NISA
  • つみたてNISA

NISA(少額非課税口座)、つみたてNISAにも対応しているのが超すごい。

  • つみたてNISAの年間40万円の枠全てを楽天カードで積み立てたら4000円分の楽天スーパーポイントが還元されるということ。

改めて金額に直すと結構な金額です。

年間のファンドの管理費用分なら

楽天証券で、今人気のひふみプラスという投資信託があります。

ひふみプラスでファンドの管理費用(含む信託報酬)が1.0584%です。ファンドの管理費用

つまり、楽天証券で投資信託を楽天カードで積み立てると、ファンドの管理費用分程度は賄える可能性があります。(積立上限が月5万円と定め出られているのでこれから積立を行う人の方が有利ということ)

ファンドの管理費用は年率計算

投資信託を保有している限り、保有投資信託の資産残高から毎日支払うコストになります。楽天カードから積立を行い楽天スーパーポイントを1%分もらうことで、投資信託保有コストを下げることができる。

もちろんこれよりも低い信託報酬を設定しているファンドであればかなりお得です。

貯まった楽天スーパーポイントはもちろん再投資可能

楽天証券では、楽天会員の楽天スーパーポイントで投資信託を購入できるサービスを行っております。

僕も上記ツイートのように、ファンドの管理手数料が低いものを楽天スーパーポイントで積み立てています。

楽天サービスそのものがあまり好きでない方も、楽天VTI(VTIの子ファンド)のようなファンドの手数料がもともと安いファンドを選ぶことでかなり効率的な積み立て投資が行うことができます。

楽天カードの積立投信で楽天スーパーポイントをもらう方法

必要なモノ『楽天カード』、『楽天証券口座』

対象の楽天カード

  • 楽天カード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード
  • 楽天ANAマイレージクラブカード
  • 楽天銀行カード
  • 楽天カードアカデミー
  • 楽天ブラックカード

楽天カードをお持ちの人は対象ですね。

楽天カードを発行

楽天証券の口座を開設をされていない方は楽天証券の口座開設もしましょう。

楽天証券

楽天証券

投信積み立て設定

まとめ:楽天はきらいになっても楽天カードや楽天証券のことは嫌いにならないでください

積立投信を楽天カード決済で設定すると楽天スーパーポイントがもらえるという試み、はクレジットカード事業や銀行事業を持っていないとできないサービスです。

例えば先ほどちらっとご紹介した。僕が積み立てている楽天VTIなどは、VTIのベビーファンド。ただVTIを購入する入り口にすぎませんから、日本国内の投資ファンドが信用できないという人にもお勧めできる投資ファンドです。

楽天が嫌いでも、楽天カードの交換減率や楽天証券の便利な積み立てサービスは積極的に取り入れていきたいですね。

楽天カードを発行