クレジットカード

【楽天】クレジットカードの請求に対し楽天スーパーポイントでの支払いが可能に

楽天市場でおなじみの楽天が発行する楽天クレジットカードが神サービスをはじめました。その名も『楽天カード ポイントで支払いサービス』です。

“ポイントで”とは楽天スーパーポイントを指しますが、楽天で付与されるポイントを楽天のクレジットカードの請求代金に充てられるという前代未聞のサービスです。

『楽天カード ポイントで支払いサービス』は2018年9月12日より開始され、9月27日支払い分から利用が可能です。

『楽天カード ポイントで支払いサービス』の概要

楽天カード ポイントで支払いサービス最大の特徴は、楽天クレジットカードに請求される金額に対し、楽天ポイントが充当できるサービスです。

1枚の楽天カードの請求に対して、50ポイント以上、最大50万ポイント※までを合計で5回まで利用できます。

※楽天会員のランクにより1度に利用できるポイント数は異なります。

  • ダイヤモンド会員=50~500,000ポイント
  • レギュラー、シルバー、ゴールド、プラチナ=50~30,000ポイント

毎月の支払いに何ポイント充当できるか

月間の請求に対して充当できるポイント数は下記の通り

  • ダイヤモンド会員=50万ポイント=50万円分の請求額を支払える
  • レギュラー、シルバー、ゴールド、プラチナ=10万ポイント=10万円分の請求額を支払える

楽天カードの最大のメリットである支払った金額の1%還元がポイント充当によって減ることはなく、その恩恵を100%活かすことができるのが今回のサービスの肝です。

つまり還元率が減ることがない=現金と同等で使えるということです。

クレカキャンセルはどうなるのか

楽天カードに限らずクレジットカードで支払った旅行代金、商品購入に対し旅行をキャンセルしたり、商品を返品した際、クレジットカードに対し返金となる場合があります。

これに対し、楽天カード ポイントで支払いサービスを利用した場合、ポイントで返還されるのではなく翌月の楽天カード支払い額から差し引いた金額を請求されます。

例えば、

  1. 1万円の支払い利用明細に対し、ポイント充当で5000ポイントを支払いに充てる設定
  2. クレカキャンセルを行い6000円がキャンセル=支払い利用明細が4000円に

となったとします。

この場合、

  • 請求額=4000円-ポイント充当5000=差し引き1000ポイント翌月の請求から1000ポイントが充当されるということ。

無駄になりません

手続きの仕方

楽天カード ポイントで支払いサービスを利用する場合楽天e-NAVIトップページのお支払い関連サービスより、ポイントで支払いを選択します。

①ポイントで支払いを選択

②利用ポイント数の確認

③申し込むを押して完了画面へ

メリット、注意点

楽天カード ポイントで支払いサービスのメリットはいわずもがな、本来支払いには現金のみであることが通例のクレジットカードの請求に楽天ポイントをぶち当てることができる点につきます。

楽天市場での買い物だけでなく、Amazonやヤフー系列のお店でも楽天カードを使った方が現金を払わくて済む、お得ということも考えられます。

注意点

注意点は下記のとおりです。

  • 使えるのは楽天スーパーポイントの通常ポイントのみ
  • 受付期間中に設定が必要

期間限定ポイントは『楽天カード ポイントで支払いサービス』対象外

楽天モバイルの支払い請求には使えた期間限定ポイントでしたが楽天カードのポイント払いサービスでは利用できません。

楽天ポイントの通常ポイントのみで期間限定ポイントでの支払いは不可能です。

受付期間について

楽天カード ポイントで支払いサービスを行うためには、先ほど記載した手順を楽天e-NAVIで受付期間中に行わなければなりません。

受付期間は毎月12日から20日の支払い確定の間の8日間となっております。

まとめ無駄を減らしたい人は楽天カードが最強か?

楽天カード ポイント払いまとめ
  • ダイヤモンド会員は毎月50万円まで楽天ポイントでクレカの請求を支払える
  • プラチナ会員以下の会員は毎月10万円まで楽天ポイントでクレカの請求を支払える
  • 受付期間は毎月12日~20日の8日間
  • 期間限定ポイントは利用不可
  • キャンセル分は次月繰り越しでしっかり充当
  • ポイントを無駄なく現金と同様に使えて超お得

クレジットカード会社としては前代未聞の神サービスがスタートします。まだ楽天カードを作っていない方は是非この機会に作っちゃいましょう。

楽天カードを発行