住信SBIネット銀行のメリットまとめ|20代は是非口座開設してほしいオススメのネット銀行

ネット銀行

ここ数年、『ネット銀行』と呼ばれる、店舗や自前のATMを持たない銀行が増えてきました。

ネット銀行を開設しない人は漏れなく損をしているので、僕がオススメするネット銀行の最有力である『住信SBIネット銀行』を紹介しようと思いました。

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とネット証券のSBI証券が提携して発足したネット銀行であり、ネット銀行の中ではかなり評価の高い銀行であり、利用者が年々増加しているため是非この記事を最後まで読んでいただければと思います。

なかでも、銀行なのにポイントが貯められて、なおかつそのポイントを現金に交換できる仕組みが注目を集めています。

  1. 住信SBIネット銀行を利用するメリットを一挙に紹介
    1. 住信SBIネット銀行のスマートプグラムの概要を紹介
    2. 【メリット①】郵便局やコンビニATM手数料が無料でお金を引き出し
      1. 住信SBIネット銀行で取り扱えるATM一覧
    3. 【メリット②】住信SBIネット銀行のスマプロポイントは100%現金交換に可能な超優良なポイントシステム
      1. 1.口座振替(銀行引落し)|クレジットカードや携帯電話料金の支払いを住信SBIネット銀行の預金口座から自動引き落とし設定で毎月5円分のスマプロポイントがもらえる
      2. 2.定額自動入金サービス|毎月の給与(年金)受取を住信SBIネット銀行にすると毎月30円分のスマプロポイントがもらえる
      3. 3.外貨積立を毎月1万円以上積み立てると10円分のスマプロポイントがもらえる
      4. 4.純金積み立てを月5000円以上で10円分のスマプロポイントがもらえる
      5. スマプロポイントを毎月55ポイント獲得すると年間で660円になる。
      6. 5.住信SBIネット銀行が発行するキャッシュカードはVISAデビット付!|オシャレな上にデビット払い便利で0.6%のポイント還元『エクスペディア』でホテル予約で6%の超高還元率を実現
      7. VISAデビット付キャッシュカードの0.6%の還元率が魅力
      8. 世界最大の総合オンライン旅行会社のExpediaを利用すると10倍の6%に
      9. VISA payWave(ビザペイウェーブに対応)
      10. 6.ミライノカードJCBを作ると1.0%還元に
      11. 7.住信SBIネット銀行プレミアムで0.4%増加でVISA付キャッシュカードでも1%の還元
    4. スマプロポイントをお得にためる方法まとめ
      1. 【メリット④】スマートフォンアプリから簡単振込
    5. 【メリット⑤】低金利で住宅ローンを組むことができる
    6. 【住信SBIネット銀行のデメリット】は普通定期預金が他の銀行によりも低金利であること
  2. まとめ:ネット銀行全盛時代住信SBIネット銀行を使わないのは勿体ない

住信SBIネット銀行を利用するメリットを一挙に紹介

ネット銀行を利用したことがない人は、困惑してしまうかもしれませんので、住信SBIネット銀行独自のスマートプログラムからご紹介したいと思います。

住信SBIネット銀行のスマートプグラムの概要を紹介

住信SBIネット銀行が行っている『スマートプログラム』は楽天市場などで見られる、会員のグレードを4段階に設定しています。

スマートプラグラムはランクが上がるごとに、獲得できるポイント(スマプロポイント)やATMの利用手数料が無料になる回数、他の金融機関に振り込む手数料が無料になる回数が変わります。(楽天市場ではノーマル、シルバー、ゴールド、ダイヤモンドなどのランクがありますよね。)

以下の表は、4段階のランクに分かれているスマートプログラムの表です。

 スマートプラグラム
ランク
ランク4
ランク3
ランク2
ランク1
ATMご利用手数料
無料回数
お預入れ
無制限
お引出し
月15回
月7回
月5回
月2回
住信SBIネット銀行の口座あて
無制限で無料
他の金融機関あて
月15回
月7回
月3回
月1回
ボーナスポイント
50p付与

【メリット①】郵便局やコンビニATM手数料が無料でお金を引き出し

住信SBIネット銀行では、口座を開設した状態で付与される『ランク1』でも、通常のATM手数料のが月2回まで無料となっています。また、他の金融機関への振り込みも月1回まで無料です。

24時間利用できるうえに、ATMで現金を引き出す手数料が無料なのはとてもありがたいです。

住信SBIネット銀行で取り扱えるATM一覧

住信SBI銀行はネット銀行であるため専用ATMは存在せず、コンビニやゆうちょなどで現金を引き出します。僕がいいな!と思うのはまさにこの点で、銀行のATMに最近行かない上に、既定の時間じゃないと手数料が発生するのに不満を覚えていました。

ですから次に紹介するのは、住信SBI銀行で利用できるATMです。

利用可能ATM
利用可能時間
主な設置場所※3
イオン銀行
24時間
大手スーパーイオンやミニストップに設置されているATM
セブン銀行
24時間
セブンイレブンやイトーヨーカドーに設置されているATM
イーネット
24時間
ファミリーマートやスリーエフに設置されているATM
ローソンATM
24時間
ローソンに設置されているATM
ゆうちょ銀行
0:05~23:55※2
郵便局、ファミリーマートに設置されているATM
ビューアルッテ
初電~終電までの
営業時間内
(店舗内設置のATMは店舗営業時間内)

JR東日本の駅構内など

このような形で、24時間現金をおろせるうえ、ランクに合った既定の回数までATM手数料がかからないのが住信SBI銀行の魅力の一つです。

不意な飲み会や食事に行く際に現金を下ろすことになったとしても、安心です。

【メリット②】住信SBIネット銀行のスマプロポイントは100%現金交換に可能な超優良なポイントシステム

住信SBIネット銀行には、『スマプロポイント』という最強のポイントシステムが存在します。

住信SBIネット銀行はスマプロポイントが超強烈なのでぜひ覚えておいてください。

スマプロポイントは、住信SBI銀行のキャンペーンや金融商品の購入などで貯まるポイントなのですが、貯まったポイントは現金にのみ交換可能です。

つまり、スマプロポイントを貯める=現金を貯めると同じ意味です。

でも、どうせポイント貯めるのは大変なんでしょ?と思う方のために超簡単にポイントを貯める方法も記載していきます。

1.口座振替(銀行引落し)|クレジットカードや携帯電話料金の支払いを住信SBIネット銀行の預金口座から自動引き落とし設定で毎月5円分のスマプロポイントがもらえる

口座振替は毎月決まった支払いを自分で決めた口座から支払う仕組みですが、今自分が持っているクレジットカードや携帯電話料金、公共料金などの支払いを設定すると、スマプロポイントが5ポイントもらうことができます。

僕は楽天カードの口座引き落としを住信SBI銀行に設定しています、これだけで年間60円分のスマプロポイントが獲得できます。

2.定額自動入金サービス|毎月の給与(年金)受取を住信SBIネット銀行にすると毎月30円分のスマプロポイントがもらえる

特に、20代の人にオススメしたいのは給与の受け取りを住信SBIネット銀行の口座に設定することですね。

先ほど紹介したスマートプラグラムのランクアップ条件でもある、給与や年金などの定期的に銀行口座に振り込まれるお金を住信SBIネット銀行に設定するとすると毎月30円分のスマプロポイントが貯められます。

3.外貨積立を毎月1万円以上積み立てると10円分のスマプロポイントがもらえる

日米金利差が拡大している今、日本円だけでなく、ドル預金を行っておいた方が将来的にも安全です。

毎月1万円以上の外貨積立を行うと10円分のスマプロポイントがもらえます。

ちなみに、僕のオススメはもちろんスプレッドが狭いアメリカドルです。住信SBI銀行では2銭と非常に低い手数料で買い付けを行うことができるのです。

4.純金積み立てを月5000円以上で10円分のスマプロポイントがもらえる

リスクオフ資産として有名なゴールドを積み立てるのも最近はやっています。

一時期はビットコインに注目が集められていましたが、セキュリティ上やはりふさわしくないということで、純金積み立てをしている方が多いです。

こちらも10円分のスマプロポイントがもらうことができます。

スマプロポイントを毎月55ポイント獲得すると年間で660円になる。

以上4つの方法をとることで毎月55円分のスマプロポイントが手に入ります。

年間で660円を確実に手に入れることができる数字としては、定期預金で眠らせておくよりもはるかに良い数字です。

イオン銀行、や楽天銀行で優遇された金利では0.1%で高金利とされていますが、660円という金額は、上記イオン銀行や楽天銀行の66万円の預金に対してつく利息と同じ金額を手に入れらることを考えるとバカにできません。

5.住信SBIネット銀行が発行するキャッシュカードはVISAデビット付!|オシャレな上にデビット払い便利で0.6%のポイント還元『エクスペディア』でホテル予約で6%の超高還元率を実現

住信SBIネット銀行のキャッシュカードは黒を基調としたハイクラスを想像させるオシャレなデザインです。実際カードのデザインがかっこいいと評判で口座開設する人もいるとか。

VISAデビット付キャッシュカードの0.6%の還元率が魅力

VISAデビット払い(預金されている金額分だけクレジットカードのように支払える便利な決済方法)を利用する人は最近めっきり少なくなりましたが、住信SBIネット銀行のVISA対応のデビット払いの凄いところは、ポイントもクレジットカードのように、デビットカードの利用で0.6%のポイントが付くところです。もちろんスマプロポイント還元なので現金に交換可能。

世界最大の総合オンライン旅行会社のExpediaを利用すると10倍の6%に

通常還元率は0.6%となっていますが、大手旅行サイトExpedia(エクスペディア)での国内、海外のホテルを予約する際に住信SBIネット銀行のキャッシュカードから支払いを行うと10倍の6%還元になります。大変お得なので旅行が好きな方は絶対に作った方がいいです。

クレジットカードはなんとなく使い過ぎが心配という方もデビットカードは銀行口座のお金を直接支払う仕組みなので安心。かつクレジットカードのようなポイント還元サービスや大手旅行会社との提携で6%という驚異的な還元率があり、超お得に使えるため高い評価を得ています。

VISA payWave(ビザペイウェーブに対応)

カードの右上にあった、VISAPpayWAVEは主に海外で多く利用できる電子マネーです。

電子マネーはクレジットカードを利用するよりもセキュリティが高いといわれています。国内の利用では、デビット、海外ではVISA payWaveを利用することでお得ポイントを貯めることができます。

6.ミライノカードJCBを作ると1.0%還元に

住信SBIネット銀行が発行するミライノカードはスマプロポイントを常時1%還元してくれるクレジットカードです。ミライノカードにはJCBとMastercardがありますが、僕がオススメするのは断然JCBカード。

その理由は

  • 高還元率
  • ゴールドカードが超お得
  • 住信SBIネット銀行プレミアムサービス利用で最大1.4%のモンスタークレジットカードに

などがあります。詳しくは、【超まとめ】ミライノカードはJCBとMastercard、どっちがオススメ?比較してお得を伝えます。に記載しましたので是非参考にしてください。

7.住信SBIネット銀行プレミアムで0.4%増加でVISA付キャッシュカードでも1%の還元

ミライノカードで紹介した、住信SBIネット銀行プレミアムですが、VISAデビット付きキャッシュカードももちろん対応しますので、キャッシュカードなのに1%還元を実現します。

このほか、住信SBIネット銀行プレミアムには月額540円の費用が掛かるため、つきに13万5000円以上の利用が望ましいです。

とはいえ、クレジットカードではなくキャッシュカードなのに1%の還元が可能な住信SBIネット銀行はかなりお得といえます。

スマプロポイントをお得にためる方法まとめ

  1. クレジットカードや携帯電話料金の支払いを住信SBIネットにする
  2. 毎月の給与(年金)受取を住信SBIネット銀行にする
  3. 外貨積立を毎月1万円以上積み立てる
  4. 純金積み立てを月5000円以上
  5. VISAデビット付キャッシュカードのデビット支払いで0.6%
  6. ミライノカードJCBを作ると1.0%還元に
  7. 住信SBIネット銀行プレミアムで0.4%増加

等をご紹介しました。

ちなみにこの中で最も効率がいいのは、ミライノカードゴールドを作って、住信SBIネット銀行プレミアムに加入して、全ての決済をミライノカードにすると1.4%分のスマプロポイントが貯まるので超お得です。

再度ご紹介ですが、スマプロポイントは1ポイント1円の100%現金キャッシュバックが可能となっており、国内の金融機関でこれができるのは住信SBIネット銀行くらいでしょう。

また、住信SBIネット銀行はスマホアプリから振り込みや残高照会を簡単に行えるようになっているため、ポイント還元以外でもお勧めできます。

 

【メリット④】スマートフォンアプリから簡単振込

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行株式会社無料posted withアプリーチ

アプリを利用することで、残高照会はもちろん振り込も簡単に行えます。

最近ではメルカリやヤフーオークションが活発になり個人間でのお金のやり取りの際に振込の手間を気にされる方が増えてきましたが、住信SBIネット銀行のアプリを使えばスマートフォンから簡単に振り込みができます。

また、スマートスピーカーのAmazon echoに搭載される「Alexa(アレクサ)」のスキルによって残高照会ができるなど、住信SBIネット銀行は先進的なサービスを提供しています。

【メリット⑤】低金利で住宅ローンを組むことができる

住信SBIネット銀行は住宅ローンを低金利で貸し出ししていることから、価格.comの住宅ローン人気ランキングで1位を獲得しています。

1円からの繰り上げ返済にも対応し、低金利かつすぐに住宅ローンを返済できる仕組みとなっておりこれからマイホームを建てる可能性のある方は、銀行口座の開設をお勧めします。

さて、ここまでメリットをひたすら列挙してきましたが、最後にデメリットも紹介しておきます。

【住信SBIネット銀行のデメリット】は普通定期預金が他の銀行によりも低金利であること

物凄くお得なイメージはあったのですが、住信SBIネット銀行の定期預金の金利は0.02%と、イオン銀行や楽天銀行などのネット銀行に負けています。

そもそも、継続的な円建て定期預金でも利息が0.1%がMaxな定期預金を僕は推奨していませんが、住信SBIネット銀行の場合、SBIハイブリット預金という金融商品を取り扱っており、毎月利払い型の預金とのことです。複合的なシステムを取り入れており、金利は常に変動する謎多き金融商品となっています。

いずれにしても、円建てで定期預金をしたい人には住信SBIネット銀行は向かない可能性があります。

とはいえ、先ほどからご紹介している通り、スマプロポイントが強力で金利分を余裕で跳ね返せるパフォーマンスですから、僕は全く気にせず住信SBIネット銀行をお勧めします。

まとめ:ネット銀行全盛時代住信SBIネット銀行を使わないのは勿体ない

恐らく、これほど手数料が優遇されているネット銀行が他にあるとすれば、ソニー銀行くらいのものでしょうか。

ソニー銀行は開設する人の資産状況によって特典が大きく変わってしまうため、開設する人を選ぶネット銀行となっています。

例えば、300万円以上の預金、資産を多く持っていればさらに還元などです。

万人に利用しやすいのは住信SBIネット銀行だと思いますし、海外旅行に行く際にエクスペディアを利用すると6%還元や、預金残高に関係なく0.6%ポイント還元などは、ほかの銀行にないサービスです。

興味のある方は是非解説してみてください。

 

コメント