インヴァストカードとは?|トライオートETFの仕組みがわからないとデメリットになる資産運用特化のクレジットカード

クレジットカード

2017年から「元手ゼロから資産運用」という触れ込みで発行が始まったインヴァストカードはシステムトレードで有名なインヴァスト証券がジャックスと提携して発行するクレジットカードです。

その特徴はクレジットカードの利用で貯まるポイントを現金として証券口座に還元し還元されたお金で投資を行う=お金を入金せずに投資を行えるクレジットカードとして業界初の試みを行っています。

インヴァストカードとは?

インヴァストカードの発行元をサクッと紹介

インヴァストカードを発行するインヴァスト証券は、シストレ24で有名な証券会社です。

システムトレードとは、あるロジックに基づいた自動売買プログラムによって投資を行ってくれるシステムのことを指します。

特に、日本人になじみがない理由として、シストレ=FXの自動売買=ギャンブル=あやしい。

といった側面があり、なかなか取り上げられにくいため一般の方は目につかないのかもしれません。最近では、ウェルスナビがAIで資産運用といった形でロボアドバイザーによる投資が話題になったことからも今後は増えていく流れでしょう。

【メリットは簡単であること】ウェルスナビのオススメポイントをわかりやすく紹介
投資を始めたいけど難しいことだらけもっと簡単にならないの? なります。それは「ロボアドバイザー」を使うことです。 本サイトでは、主に20代向けに投資内容をわかりやすく紹介しているため、投資初心者の...

ジャックスは家電量販店などのショッピングローンで有名な大手のクレジットカード発行会社です。

システムトレードで有名なインヴァスト証券とクレジットカードで有名なジャックスがタッグを組んで発行するのが「インヴァストカード」ということです。

インヴァストカードの特徴

インヴァストカードの特徴
年会費 無料※
ブランド VISA
還元率 1%~1.5%※
ETCカード 無料
ポイント獲得単位 100円単位

※初年度無料かつ通常年会費1350円は年間で1度でも利用すれば無料になります。

※ジャックスモール経由で商品を購入した場合、通常の1%+αで上乗せがあります。

インヴァストカード公式ページを確認

年会費は簡単に無料にできるシステムが高評価

インヴァストカードは通常1350円の年会費がかかりますが、年に1度でも利用をすれば無料で使うことができる仕組みです。

「ポイント積立投資専用クレジットカード」として宣伝されていますから、年会費でポイント還元率を帳消しにされては、消費者としてはたまったものではないですからね。

選択できるクレジットカードのブランドはVISAのみ

利用加盟店が最もおおいVISAであるためそれほど気にはなりませんが、VISAブランドのみ発行可能なクレジットカードです。

VISAブランドのみのインヴァストカードですが、電子マネー、iD、Quick PAY Suicaにも対応していることから日常生活で利用する分には全く問題ありません。もちろん電子マネーにも常時1%の還元を受けることができます。

還元率は常時1%でネットショッピングを利用する場合最大で1.5%まで還元率を増やせる高還元率クレジットカードに

インヴァストカードの還元率は常時1%ですが、ジャックスサイトを経由することで大手ネット通販のAmazonや、楽天市場での買い物で還元率をMax1.5%に増やすことができる仕組みが強みです。

Amazon +0.50%
楽天市場 +0.50%

もちろん、Amazonや楽天だけではありません。が、こうしたネット通販を会員サイトである、ジャックスインターコムクラブから、ジャックスモールを経由して上記の通販サイトを利用することで常時1%還元のクレジットカードにプラスアルファを追加することが可能です。

さらに、インヴァストカードのほかに例えば楽天市場であれば楽天スーパーポイントが貯まるなど、ポイントを2重どりすることも。

ネット通販限定とはいえ小さな積み重ねが大切ですから、こうした仕組みはとてもありがたいですね。

インヴァストカードの魅力を紹介

常時1%のポイント還元で元手ゼロから資産運用を始められる

インヴァストカード最大の魅力はクレジットカードの還元で得られるポイントがそのまま現金として機能するところです。

具体的な手順として、

  1. インヴァスト証券口座にポイントが現金として貯まる
  2. 貯まった現金をシステムトレードで運用を行う
  3. 売却した分はそのまま現金として残る

といった、通常の株式投資やFXと同じような流れを「無料」で行うことができます。

この流れで注意していただきたいのは、インヴァストカードを使う=インヴァスト証券の口座も作るといった意味ですのでそこはしっかり覚えておきましょう。

クレジットカードとしてのインヴァストカードは可もなく不可もなく

還元率常時1%といえば、楽天カードやYahoo!Japanカードなど今でいえばいわば当たり前になってきたところで、還元率1%というのは珍しくありません。

先ほどご紹介したように、トライオートETFの仕組みをうまく使いこなせるかどうかがこのクレジットカードを持った方が良いかの最大の争点であります。

一方、クレジットカードとしてだめなのか?といえばそうでもありません。例えば以下のようなものは自動付帯となっています。

  • 国内旅行傷害保険が付帯
  • ネット安心サービス
  • カード盗難保険

など、クレジットカードを利用する上で安心して使えるよう配慮されている点はとても高評価です。

インヴァストカードのデメリットはトライオートETFのシステムそのもの

もちろん、有効的に使える方は最大限インヴァストカードの武器を使っていただければよいのですが、知識がない人(ここでいう知識がないはまったくもって投資用語などがわからない人を指します)がトライオートETFを利用する際覚えておかなければならない点が3つほどあります。

CFD(差金決済)取引であること

CFDという用語を知らない人に少しだけご説明すると、差金決済取引のことです。

株式やETF(上場投資信託)そのものを購入するわけでなく、値動きに準じるということなのでそもそもこの仕組みを理解していない方はトライオートETFをはじめるためにはリスクに対する勉強が必要です。

金利とスプレッド

差金決済取引であるため、取引をするために発生する手数料が「スプレッド」と呼ばれるものです。FXなどをされたことがある方にはなじみがある言葉かもしれませんが、買いの価格と売りの価格に最初から差額が生じることをいいます。

つまり、自動売買で手数料を多く取られてしまう可能性があるということです。

また、ETFに対する金利 約0.9%+Liborという取引コストが発生します。

ようするに、金利とスプレッドが発生するため投資の知識がない人が運用すると実は損している可能性があるということですね。

なにしろクレジットカードのポイント還元分が現金としてそのまま取引に使われるのですから、トライオートETFの全容がわかっていないと本格的にスタートすることはできませんよね。

ジャックスカードの審査は通りやすいのでフリーランスや専業投資家におすすめできる

このカードが投資家向けということもあるでしょうが、ジャックスはもともとショッピングローンで親しまれているように、比較的カードの審査に関しては緩めです。(もちろん定期収入などあった方が通りやすいでしょうが…)

こうした側面もあり、クレジットカード作れるかどうか不安な専業トレーダーやフリーランスの方はインヴァストカードを申し込んでみるのはありかもしれませんね。

そのほか、インヴァストカードに向いている方。

  • FXで既にインヴァスト証券でシストレを行っている方→クレジットカードの還元分+FXのキャッシュバックを投資に回せる
  • これからシステムトレードを勉強して自動運用による資産運用を行いたい人

には、とてもおすすめできます。

ちなみに、当ブログからシストレ24を申し込んでいただくと1万円のキャッシュバックをもらうことが簡単にできますのでよろしければ下記バナーからご利用ください。(最大で2万円)

【超まとめ】ミライノカードはJCBとMastercard、どっちがオススメ?比較してお得を伝えます。
大手メガバンクの三井住友信託銀行を知っている人は多くいらっしゃると思いますし、ネット証券大手のSBI証券の名前だけでも聞いたことがあるという人がほとんどだと思います。 今回ご紹介する『ミライノカード』はその二つが提携しているネット銀行...

コメント