楽天スーパーポイントを現金と同等以上で使う方法を紹介

お金の話

楽天スーパーポイントが貯まったので何かに使いたいけれど、欲しいものもないしどうすれば良いのか考えている人は多いはず。

僕も楽天プレミアムカードをもっているものの、当初は余ったポイントをどのように使えばよいのか、いまひとつわからないでいました。

今回は貯まった楽天スーパーポイントを現金と同等以上で使う方法を紹介していきたいと思います。

一番オーソドックスなら『換金』から資産に変える方法まで紹介したいと思いますので興味がある方は最後までお読みいただければと思います。

楽天スーパーポイントは

  1. 期間限定ポイント
  2. 通常ポイント

の順番で使われていくことも頭に入れておきましょう。

楽天スーパーポイントを現金と同等以上で使う方法を初級編

楽天ポイントをJCBのギフト券やグルメカードに替えて換金して現金化

楽天の期間限定ポイントは楽天市場のお買い物で利用するのが一般的。後述する楽天の決済サービスを使えばそれらも解決するのではありますが、ここはひとまずキャッシュに『換金』ということに年頭を置いてご紹介したいと思います。

クレジット会社が発行するギフト券の換金率の平均は100%以上!?

ええ、もちろんそんなおいしい話はありません。ただ、Yahooオークションやメルカリで「JCBギフト券」を調べてみると額面以上での販売額が目立ちます。

相場の平均としては以下の通り

楽天スーパーポイントでJCBギフト券を購入する場合
買う場所 売値(額面1000円あたり)
楽天市場 1110円
ヤフオクやメルカリでJCBギフト券を売却する場合
売る場所 売値(額面1000円)
ヤフオク 1050円
メルカリ 900円

この数字は2018年5月現在の相場の平均値ですので一概に正しいとは言えませんが、気になるところだけ列挙すると

  • 楽天ポイント1000ポイントでは額面1000円分は買えない
  • 売却する時はメルカリよりもヤフオクの方が高い

なぜこんなことが起きてしまうのでしょうか。

楽天市場のJCBギフト券を検索する場合は楽天市場アプリが便利です。

楽天市場

楽天市場

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

楽天スーパーポイントを1000ポイントでJCBギフト券が買えない理由

は、なんとなくわかるかもしれませんが、皆さん同じ考えで使えないポイントを持っていてもしょうがないと考えているからですね。

したがって、みんなが楽天ポイントをJCBギフト券に替えたいと思っていると売値が高くなってしまいます。

1000円に対して1110円支払わなければいけないので楽天ポイントでJCBギフト券を購入した瞬間に還元率は10%削られます。

ヤフオクの方がメルカリよりも高く売れる理由

も簡単で、ヤフオクにはYahooポイントがあるからです。

楽天ポイントを使いたい人と同じようにYahooポイントを利用したい人がいるため、ヤフーオークションでは、Yahooの期間限定ポイントを使いたい人がたくさんいます。

オマケに昔からヤフオクを使っているのは結構なお金を持っている人ばかりなので、使えるポイント数が多くメルカリよりもヤフオクの方がJCBギフト券を買いたいと思っている人が多いのです。

ですから、仮にJCBギフト券を換金したい場合は、楽天市場で購入しヤフオクで売却するのが最も高還元率になるということですね。

楽天スーパーポイントをJCBギフト券して換金すると81%の還元になる

ヤフオクの売上に対して支払う手数料は8.64%なので、もし楽天市場で1110円で購入し、1050円で売却できた場合、差額の60円(5%)とヤフオクに支払う90円(8.64%)を差し引いた900円が手元に残ります。

ヤフオクを利用し楽天市場で1110円で購入したJCBギフト券が売れて手元に残るお金が900円の場合、還元率は81%です。これを高いと取るか安いと取るかですが、個人的にはオススメしません。ちなみに、メルカリで行った場合還元率は70%を切り手元に残るお金は800円ほどになります。
最近では、メルカリをたくさん利用する人が多いと思いますが、ヤフオクの方が手数料も安く、高還元率を実現することができますので換金する際はヤフオクを利用しましょう。
ヤフオクアプリはとても見やすいので是非こちらからダウンロードしてみてください。

ヤフオク!

ヤフオク!

Yahoo Japan Corp.無料posted withアプリーチ

楽天Payを使ってローソンで現金と同じように使う方法

楽天では、楽天Payというサービスを始めました、といっても利用店舗は順次拡大ということで全国的に使えるお店というのはコンビニ大手『ローソン』でしょうか。

都心部ではオシャレなレストランでも対応しているのですが、田舎で楽天ポイントを使うのであればローソンをお勧めしたいです。

楽天ペイを利用するとローソンで100%ポイントを現金と同じように使える

使い方は非常に簡単で、楽天Payアプリをダウンロードしてから、ローソンで「楽天ペイで」というと、バーコードを読み込んで利用することができます。

セキュリティもしっかりと考えられており、バーコードは常に変化するため過去のものは読み取れないようになっています。(ちなみにこの画像は僕の別ブログのものです。)

これにより、期間限定ポイントを100%現金と同じように利用することができます。

また、うれしいことにしっかりとポンタカードを提示すればポンタポイントもつきます。

楽天Payは200円の利用で1ポイントつきますので、ポンタポイントと組み合わせると1.5%ポイント還元ということになります。また、楽天PAYでの利用は期間限定ポイントが優先的に使われますので期間限定ポイント分をしっかりと確認してお得に使うことができるのも魅力です。

楽天モバイルの月々の支払を楽天スーパーポイントで支払う

また楽天モバイルでも、期間限定ポイントを利用することができます。

現在、楽天モバイルを利用していない方は楽天ポイントの使い道を今後どうしようか考えている方も多いと思いますが、楽天モバイルで携帯電話を契約すると月々の支払いに楽天ポイントを利用することができます。

携帯電話の利用料金というのは毎月必ずかかるコストなので、ポイントを利用することで現金による支出を減らすことが可能です。通信速度の品質など不安に抱えている人もいらっしゃるかとは思いますが、Wi-Fiの普及率も高まり屋内での通信では不遜なく使えるというのが個人的な感想なのでぜひ検討してみてください。
ちなみに、楽天モバイルを契約すると楽天市場のポイントが+2倍になるのでさらにサクサク貯まっていきます。

期間限定ポイントも利用できる現金と同等以上の使い方まとめ

  • JCBギフト券にヤフオクを使って換金すると81%程度の還元率
  • ローソンで楽天PAYを利用するとポンタポイントも貯まり期間限定ポイントをきれいに使える
  • 楽天モバイルに切り替えると月々の携帯電話料金として使える

まで見ていただきました。

ここからはもう一歩踏み込んだ上級編となります。実際ここまでのことは深く考えなくてもだれでもできることです。

個人的なオススメは楽天モバイルに変えて月々の携帯電話の料金を楽天ポイントで支払うことで現金の支払いを減らすのが最も効果的だとは思います。(僕は楽天モバイルに変えてから携帯電話の料金を現金で支払ったことがありません。)

楽天スーパーポイントを現金と同等以上で使う方法上級編紹介

さて、ここからは上級編です。

初級編と上級編の違いは、即効性のあるものJCBギフト券の現金化なんてまさにそんな感じですよね。すぐに現金にできます。

が、上級編で紹介するものは税制、資産運用といったヤレば100%以上の還元率を誇るものの時間がかる、知識が必要といった面倒な部分もあり、資産形成に興味がある方や節税を行いたい人にオススメの使い方です。

楽天市場のふるさと納税を利用し現金と同等以上で使う

ふるさと納税というシステムを理解していない方もいらっしゃるかとは思いますが、簡単に言うと所得税と住民税を自ら自分が住んでいるところ含めて地方自治体に税金を納めに行く方法

主にサラリーマンの方なんかが利用すると、所得税の還付や翌年の住民税の減額を行うことができるといったものです。

これを利用することにより、返礼品がもらえたりすることでここ数年ニュースやウェブサイトで有名になりましたよね。

目的としては地方自治体の税制を改善するところにあり、僕たちのメリットとしては返礼品がもらえたうえで税金を支払うことができるといったもの、楽天スーパーポイントの利用はもちろん期間限定ポイントも使えるため、どんどん利用していきたいサービスです。
現金と同等以上というのは、もちろん税金が減額されるからですね。住民税や所得税は現金で納めることが多いと思いますが、ふるさと納税を使うと所得税還付、住民税減額をすることで本来現金で納めなければいけなかったものをポイントで支払うことができるといったものです。※注意点として収入などによりふるさと納税を使うと逆に損になってしまう人がいることからも注意が必要です。

楽天証券で投資信託を楽天スーパーポイントで購入する

楽天が運営する楽天証券では楽天スーパーポイントを利用し『投資信託』を購入することができます。

これまでご紹介してきたポイント利用に関しては全て「モノ」や「サービス」に充当する方法でしたが、楽天スーパーポイントで投資信託を購入するということは単なる『ポイント』が『金融資産』になることですので、これこそが現金以上の価値のある使い方といえます。

期間限定ポイントこそ使うことはできないものの、余った楽天ポイントで今まで縁のなかった資産運用を始められるのはとても有意義な使い方ではないでしょうか。

投資信託は簡単に現金化できる

もう一つ付け加えておくとするのであれば、投資信託は金融商品ですので一度購入してから売却すると現金として、証券口座に残りますので途中でやめてしまったとしても問題はありません。

よく、怖いから投資は嫌だ

と考える人はいますが、冒頭で紹介したJCBギフト券を利用した換金の還元率は81%、しかもこれはうまくいった場合です。

投資信託の購入で値下がり、値上がりは一日の変動でも数パーセントしたら大ごとであり、滅多に起こることではありません。なんなら、値上がり益まで狙える可能性があるため、時間とお金に余裕があるのであれば、ギフト券換金はなく証券会社で投資信託を購入してみましょう。
楽天証券で楽天ポイントを使って投資信託を購入する方法はお金がないけど投資したいなら楽天証券を使おう|楽天スーパーポイントを無駄なく資産にできます。に詳細を記載しましたので参考にして下さい。

まとめ:ポイントは有効的に使うことで現金以上の価値を見出すことができる

  • JCBギフト券を楽天ポイントで購入してヤフオクで売却→還元率81%
  • 楽天PAYを利用しローソンで使う→還元率100%
  • 楽天モバイルを契約して月々の携帯代として使う→還元率100%
  • ふるさと納税をして返礼品と節税→還元率100%以上
  • 楽天証券で投資信託を購入する→還元率100%以上 
ここまで記載していきましたが、楽天スーパーポイントも含め店舗などで使う『ポイント』は今の時代どこにでも存在します。
意識的に現金以下のモノととらえがちですが、ポイントだからこそ少し失敗した買い物をしてみようかなと思うのもまた事実ですよね。
例えば、先ほど紹介した「投資信託を購入する」もいきなり現金から行うのは怖いですが、ポイントなら減ることはあっても0になることはそうそうありませんから、これを機会に積立NISAなどにチャレンジするのも良いでしょう。

コメント